購入後困らないために

注意点について

トラクター

農家で働く方が仕事にトラクターを導入していく際、新品のトラクターか中古のトラクターかで迷うかもしれません。中古トラクターについては、その現場である期間使われていたものになります。中古ですと、新品のものと比べてももちろん安くすみますが、状態をチェックしていくには高度な知識を持っていなければなりません。通常、中古トラクターを販売している店というのは、トラクターの買取の際にきちんと整備をしているものとされています。ですが、キャリアを積んだプロの整備士による整備に関してはお金も多くかかるので、業者によっては整備なしか安易な整備で売られていることもあります。それから、販売されているトラクターの状態に関してそれほど詳しくない業者もいるため、注意が必要となります。長いスパンで安心感を持ち、仕事していけるものを選んでいく場合、色々と気をつけることがあります。ネットを通して購入したいトラクターの詳細書を見ていく場合、トラクターの状態や機能、オプションなど事細かに書かれてあるかどうか気をつけながらチェックしましょう。備考欄がある場合、自分が扱いやすいかどうかということも確認できるため、押さえておくべきポイントです。また、販売されているものについては、ビデオを撮影する業者や撮影しない業者がいます。ビデオにおいては、そのトラクターに備わっている機能を間違いなく使っていけることを示すものでもあります。耕深・水平の自動機構やロータリーの上下は問題ないかなど、注意しながらチェックしていくことが大切です。

基本的なチェックを確実に

電卓と紙幣

トラクターは、高価な機械ですが、高齢化や人手不足が深刻化している農家ではトラクターが無いと農業ができない程、重要な存在になっています。中古トラクターを選ぶときに基準となるのはまず価格です。新車のトラクターは、100馬力クラスの中型のものでも1千万円を超える高価なものでありますが、中古はその3〜5割安で買えるものもあり、購入者にとって魅力的です。ただし、価格が安いことだけにこだわると、購入後の利用においてトラブルが発生するリスクも増えてくるのが現実です。トラブル回避のためのチェックポイントをチェックすることで、中古トラクターでも快適に使用できる可能性が高くなります。まず、前のユーザーが丁寧に使っていたかどうかの確認です。実際に近隣から購入する場合は、直接の知り合いでなくても知り合いや機械メーカー担当者から情報を入手できる場合もあります。また、足回りの状態をチェックすることで、使用後の洗浄や定期的な手入れを行っていたかどうか等を推定することもできます。いずれ、外観はきれいでも足回りに錆びがみつかった場合は、錆び落としと塗装をしっかり行ってもらいましょう。オイル類も、交換箇所が多く使うオイルの量も多いので、購入時には全ての部位で交換してもらうのが理想的です。バッテリーについても交換が基本ですが、頻繁に使用していた機械でバッテリーが弱っている場合は、電気系統のトラブルの可能性も否定できないので、バッテリー交換だけでは改善しない場合もあります。この点は、購入相手にしっかり確認うえ、中古トラクターを購入しましょう。

販売とレンタルが人気

作業員

中古のトラクターはとても需要が高く、買取を行う業者としてもそれを買い求める顧客としても魅力のある品物であり、取引も頻繁に行われています。トラクターは個人のドライバーはもちろんのこと作業量の多い必需品です。使用するのに問題がなければ高い新品を買うよりも中古の方が安価で手に入れることができるため取引の頻度も高いのです。中古のトラクターを取り扱う業者が買取をして販売をする場合が多く、中古は新品と比較しても仕入れることが容易であり需要も高いため個人相手に販売がしやすく、中古車販売店の店頭でも多く見られます。店頭に並ぶトラクターだけあり商品としては新品とほぼ差のないトラクターも珍しくありません。中古で状態の良いものを手に入れたいと考える顧客に購入されています。また、中古販売だけではなくカーレンタルの業者でもトラクターの貸し出しが行われています。トラクターが使われる現場ではその規模が大きく長期的なものであればあるほど必要性が高く、それに伴いコストを削減することを考えなければなりません。そのコストを必要最小限に抑えるのに中古トラクターのレンタルは一役買っているのです。新車を購入するより安く、そして維持費がかからないためです。必要な期間に必要なトラクターをレンタルすればトラクターを貸し出す業者としても管理が楽となり、そして余計なコストを削減することができるというメリットがあります。中古販売とレンタルの必要性は日に日に高まっています。