Tractor sale

トラクターは中古でも質を落とすことはない

重機を買いましょう

お得な重機を買う

トラクター

重機と言っても多種多様に販売されていますが、農作業に使用する機会が多く支持率が高いのは、トラクターです。トラクターと言っても新品や中古など色々と販売されていますが、人気なのは中古となります。中古のトラクターの魅力は何と言っても販売価格が安い事が挙げられます。そのため、出費を抑えたい方にとっては魅力的な存在です。中古のトラクターを売っている業者に関しては街中に数多くあるので、それぞれを比較し検討をした上で決めることが重要となります。安易に中古のトラクターを買ってしまうと余計な出費が増えてしまうので、この点には注意をしなければならないです。中古のトラクターを購入する際に一度で支払いができない場合には、ローンを組むのが一般的となっております。ローンを組む際には少しでも金利が低い融資先を選ぶように心掛けましょう。この点を意識しておく事により、利息の負担で多額の損をする事がなくなります。中古のトラクターを購入したら実際に使用して田植えをしましょう。トラクターに負担をかけないようにする事が長持ちさせる為のコツとなっており、この点を意識しておくことにより何度も買い替えをせずに済みます。大切に扱うことが出費を抑えるための秘訣であるということを認識しておく必要があります。中古のトラクターを使用したら、丁寧に洗って雨の当たらない場所に保管することが大事です。トラクターなどの重機は水分に弱く注意をしていないと錆びます。

利用するときのコツ

シニア男性

一般的な乗用車同様、トラクターも中古市場が存在します。利用する目的には売るのと買うのと二種類あります。不要になったトラクターを処分したいときは業者に買い取ってもらうことができます。中古でも良いから安くトラクターを購入したいというときは業者から買うことで安く購入できます。トラクターを売るときも買うときも業者選びが重要なポイントとなります。まず売るときには、必ずトラクターを含む重機専門の買取業者を利用するのが重要です。専門業者でないと、再販の見込みがないため確実に売りさばくことができず、安く買いたたかれるか買取不可となってしまいます。正しく査定してもらうためにも専門業者を選びましょう。専門業者の中でも、複数業者を比較して選ぶのがおすすめです。中古で購入するのならば、走行距離と年式をチェックしましょう。中古トラクターの場合は、走行距離と年式がほとんどそのままトラクターの状態を反映します。外見がきれいかどうかは性能には全く関係ないので見た目で惑わされないようにしましょう。ただ、走行距離が長くても、移動がメインの場合は状態がよいことが多いのでどのように使われていたかを確認しておくとよいでしょう。年式はやはり新しい方が長く使えます。馬力も一つのポイントになり、畑や田んぼの大きさにより必要な馬力は異なります。どちらかというと大きめの方が便利ですが、その分金額は高くなるのでその点は注意しなければなりません。

上手な活用方法とは

作業員

田畑を耕うんする作業機をけん引するトラクターは、広い敷地を所有する農家で頻繁に使われています。一般の人にはあまり馴染みがありませんが、新車トラクターの販売価格は高額です。馬力にもよりますが、20馬力で約200万円位が相場です。もっと馬力が高いものだと、1,000万円近くする商品があります。そのため共同で使いまわしする農家も少なくありません。一方、中古トラクターも各地の農機販売店で取り扱っています。使用期間や型式などによって異なりますが、15年程度使用したトラクターならば80〜100万円程度で購入できます。ここで問題となるのが、新車と中古どちらが得なのかという点です。トラクターの価格だけ見ると中古の方が断然お得ですが、農家の状況や作付面積などによって変わってきます。長く農業を続けるのであれば、耐用年数が長い新車の方がコスト的にお得でしょう。また仮に途中で農業をやめてしまった場合、中古トラクターとして販売できることも覚えておくと良いでしょう。一方、作付面積が狭く使用期間も短いのであれば、中古トラクターの方がコストが抑えられます。また畑を持っているとどうしても雑草が気になります。しかし本業でなければ時間と費用をかけることが難しいです。その場合、中古トラクターを使って草退治すると良いでしょう。トラクターなら草の根と土を一緒に掘り起こしてくれるので、次の雑草が生えてくるまでの時間が稼げます。そうすると作業回数が減るので非常に効率的です。中古トラクターにはこのような使い方があることを知っておくと良いでしょう。