Tractor sale

トラクターは中古でも質を落とすことはない

トラブル回避のために

不具合への対応は確実に

作業員

トラクターは、作業機を装着すると多くの作業を行うことができるので、高齢化や人手不足が深刻化している農家では、頼りになる機械です。ただし、価格が非常に高価なため、新車で購入するとローンの返済などで農業経営を圧迫する原因にもなってしまいます。最近、農家数も減少していることを受けて、中古のトラクターが人気を集めています。中古トラクターはトラブル発生が心配ですが、基本的なチェック項目について確認し不具合への対応してもらうことで、リスクを大きく回避することができます。チェック項目として、まず、エンジンをはじめギア、ミッション、ブレーキなどのオイル類について一通り交換してあること、併せてフィルター類も交換してあることです。次に、足回り状態を確認します。汚れを全て落とし、錆びている箇所を削って下地を塗ってから本体塗装してもらいましょう。塗装は手間がかかるので大変な作業ですが、長く使うためには非常に重要なことです。次に、エンジンをかけて、自然でリズミカルなエンジン音かどうか、オイル漏れがないかを確認します。中古トラクターで長期間使用していない状態のものなどは、バッテリーが弱っているので新品に交換してもらいましょう。ここで、注意しなければならないことは電気系統のトラブルにより運転中に充電ができないことが原因でバッテリーが弱っていることもあります。この点についても、中古トラクターの購入相手に対し十分に確認して、もしトラブルが起きてもしっかり対応してもらうようにしましょう。

良い点について

トラクター

トラクターを買う場合、そのタイプにもよりますが高額の買い物となります。農業用のトラクターもありますが、農業用以外のタイプのトラクターも大きな費用が発生してきます。トラクターについては、サイズの大きなものを運んでいくのには欠かすことができないアイテムですが、通常の自動車とは異なるので取り扱っていける場所もどこでもいいわけではありません。大きな費用がかかってくる場合、新品で買っていくのはやや厳しかったりすることからも、中古でトラクターを購入する方が今現在増えています。中古で買っていく際には、出費を抑えることができるという良い点があります。それ以外にも、上位にランクインしているトラクターを狙っていくことができるという良い点もあります。出費について考えると、何となく下のクラスのものに絞らなければならなかったりもしますが、中古であれば比較的上のクラスのものでも狙っていくことができます。たとえ中古だとしてもカスタムをやっていくことも可能であり、塗装なども自分の好きなようにしていくこともできるため、出費を抑えながらもリッチな気分を味わえるという良さがあります。日本の至るところで取り扱いをしている業者を通していけば、さらに目的のトラクターを見つけていくことができるでしょう。場合によっては、予想もしないようなところからとっておきの情報が入ってくることもありますが、そのケースはほとんどないため専門業者を通して見つけていく方が確実に見つけていくことができます。

コスパの良い重機

お金

ブルドーザーやダンプ、ショベルなどの重機は建設現場や解体工事に必須ですが、一台あたりの値段は非常に高価で数十万円〜300万円ほどの値段がするものもあります。しかし中古の重機であれば8割ほどの価格、最も安いものであれば販売価格の40%ほどの値段で購入できることも。中古トラクターやダンプの販売価格は、型番・使用年数・状態(故障していないか、傷はないか)などが査定の条件となります。そのため、販売価格や費用の目安は一律で決まっていないこともあり、逆に言えば同じ状態の中古重機であっても、販売価格が大幅に異なる場合もあるでしょう。そのため、適正な価格で中古重機を購入したいと考える場合には、実際に自分の目で重機を見て、販売価格と釣り合いが取れているかどうかを判断することが重要。例えばトラクターの場合、2WDか4WDかで駆動力は大きく変わります。販売サイトやチラシなどでは間違って表記されていることもあるため、購入前には自分の目で見るか販売員に確認することが必要でしょう。さらに、実際に目で見るだけでなくトラクターを稼働させてからの様子を見ることも重要。実際に稼働するのか、油漏れがないかどうかを見た上で、値段との釣り合いを判断しましょう。稼働時間も値段を判断する上では役に立つ指標の一つ、中古トラクターの場合、800時間〜1000時間の稼働時間であれば問題なく動くケースが多いと言えます。中古の重機を見て、そのスペックから販売価格が妥当かどうかを見極められるよう、ある程度知識を身に着けておいたほうが安心でしょう。